fc2ブログ

辻井貴子ブログ・次の角を曲がったら

辻井貴子のブログ LIVE活動を中心に

梅雨の晴れ間に大阪と岐阜へ

2023.6.24~25
やぎたこHOME
スケジュールはこちら

ライブの時にはあまり雨に降られない、という自称・晴れオンナ。
こういうことを言うと 「どこそこのライブは大雨だった」 とか「ナントカのイベントは嵐だった」とかご指摘を頂きます。
でも、、、
あんまり、降られた記憶がないのです。
だから、「自称」 ハレオンナ。
降られて大変だったことは片端から忘れてしまう、都合の良い記憶力なのでした。

でも先週末はたしかに降られなかった(笑)。
日差しも強くて、日焼け防止の腕カバーとサングラスをしての移動でした。
夏の昼間の運転は冬より大変。
荷物も運べて、好きな時に楽器を置いてトイレ休憩できる便利な車移動が大好きだけれど、20分以上クルマを離れたらニカワが溶けちゃうかも?!という、ドライブには大変な季節が、今年もやってきました。
いろんな冷やすグッズが登場する季節。
元気に安全に、を第一にしたいと思っています。

さて
まずは土曜日、大阪市、緑橋が最寄の新樂山にて。
この日はタコヤキさんこと、長田TACO和承さんと2度目の共演です。
憧れのミュージシャンのCDでいつも音を聴いているTACOさん!
ライブで聴くと違う魅力がたくさんあって、本当に素敵です。

生で聴く音色が美しいのはもちろん、その自由で気ままに、お喋りするように音があふれてくる様子にいつも、感激してしまいます。
聞いていてワクワクするライブ!!
そしていつも、爆笑させられてしまう一幕もあって、思わず本気で 「え~~~っ」 と言ってしまうような早いタイミングであっさり終わってしまって、、、終わった後にいつも「もっと聴きたかったなぁ」と思わされるのでした。

前回、奈良で初めて共演した時には「何の曲を一緒にやってもらったら良いだろう」とずいぶん考えたりもしたのですが、今回はもう、細かいことを言わずに贅沢に、たっぷりとご一緒して頂きました。
やぎたこで唄ってきたフォークソング、TACOさんが知っているはずのない私のオリジナル曲まで!
キーを伝えるだけで魔法のように素敵な合いの手を入れてもらえるなんて、もう嬉しくて楽しくて、もっとずーっと唄っていたいような気分でした。

去年の夏に新樂山にお邪魔した時は、ソロでは初登場、という状態。
あの時よりはずいぶん、リラックスした雰囲気のライブになったかな、、、。
TACOさん、集まって下さった皆さん、本当にありがとうございました。
そして素敵な共演、TACO TAKO ライブをセッティングして下さったお店のママに、感謝!!!

TACOさんと大阪にて2023



翌日は岐阜へ。
朝の大阪市内、特に御堂筋あたりを走るのは正直言って大の苦手。
いつ、どこで、どうやって側道に入ったらいいのか分からないのです。
知らない場所で同じところを2回通っても、気付かなければそれきりですが、、、ぐるぐる走ること20分、朝、出発したはずのホテルの前を通った時はちょっとショックでした(笑)。

以前は怖かった阪神高速、東京で言えば首都高のような道路は、最近では救世主。
乗ってしまえば分かりやすい表示もあるし、一般道より車線変更もしやすいし、、、
名神高速にたどり着いた時にはホッとしました。
あ~、知ってる道!!!

こうして、「知ってる道」が少しずつ増えていけば、もう少し上手に移動できるようになるのかも。

先週は大垣でお世話なりましたが、今回は同じ岐阜県でも岐阜市。
店主は顔なじみだけれどお邪魔するのは初めて!
神田町にできた新たなライブスペース、ヤマエツ歓写堂での演奏です。



20230628231853a0c.jpeg


素敵な看板が出迎えてくれました。
岐阜駅からほど近い、この商店街を歩くのもちょっと久しぶり。
梅雨の晴れ間の日曜、ということもあってか、人出もあって賑やかでした。


コロナの前は毎年のようにお世話になっていた方との再会や、5月にOAをつとめた大御所とのライブからのご縁で足を運んで下さった方などがあり、ソロでの演奏を初めてお聴かせする方もちらほら。
先週開催した、大垣での60曲ライブに引き続き、連続で足を運んで下さった方もいらして、本当に有難いことでした。

一年で一番、日が長い季節。
ちょっと得した気分を味わいながら、外の光がたっぷり入るステージで唄わせてもらいました。

楽しい時間はあっという間。
再訪を約束して、岐阜を後にしました。


今週末は関東。

これまた豪華共演が続きます。

東京、上野では、山口敦子さんと。

2023.7月篤子さんと


それから、日曜には神奈川県の茅ヶ崎市にて、京都から古川豪さんをお迎えして。

2023.7月豪さんと


その翌週は埼玉。
ずっとお世話になっているお店だけれど、ソロでは初めてです。

おーるどタイム2023

週が明けたらいつものお店、東中野。

2023062906424150e.png



7月半ばには北海道へお邪魔します。
実は今年、9月にも北海道へ行きます。
せっかくなのでダブルでご案内!!


2023北海道2回

お近くの際にはぜひ!
暑い季節ですが、元気に、楽しく過ごせたら。

どこかでお会いできますように!!

やぎたこHOME
スポンサーサイト



  1. 2023/06/28(水) 21:08:50|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月生まれ

2023.6.17~18
やぎたこHOME
スケジュールはこちら

「やぎたこ」 の 「やなぎ」 さんは、6月生まれ。
毎年、誕生日の頃に、犬山の 珈琲ふう にてソロライブをするのが、もう何年も恒例になっていました。
その、同じタイミングの土曜日を、私が引き継がせてもらって、唄う機会をもらうようになって2年目。

去年ほどではない、とはいえ、いつも他所とは違う種類の緊張感を味わう場所です。
客席にいる時でも、他のお店で聴くのとは違う心持ちになるので、きっとここに集う人、それから、昔からの建物や町並みが、何か特別な力を持っているのかも。

順調に移動して、ふうの美味しいお昼ごはんも食べて、スペシャルなカップで珈琲を飲んで、、、
それからゆっくり準備をして、いよいよライブ。
去年同様、あたたかいお客様が見守ってくれました。


ふう2023


マイクも使わないので、立つのも座るのも自由。
機器トラブルも起こらないのがいいところです。

木製の格子の間から差し込む光が一番、きれいな時間帯。
天然のスポットライトに助けられて、顔見知りの客席が見えるとちょっと安心。
ノビノビ、唄わせてもらいました。

終演後の楽しくて美味しい打上げは、早い時間からのライブだから早くから始まっているはずなのに
あっという間に日付が変わりそうな時間になっていてビックリ。


ふうでのライブ、2度目が終わってしまいました。


来年は6月15日。
63歳になるはずだった日です。



翌日は、違う意味で特別なライブでした。

やぎたこが10周年を迎えた時に、4時間かけて40曲!というライブを開催させてもらった場所です。
本当はやなぎさんの60歳の時に60曲、と計画していたのが、コロナの感染拡大予防等々の事情で延期になってしまって、開催できずにいるうちに、やぎたこの活動が終了してしまったのでした。

今回は延期になったそのライブ企画の実現。
本来は酒屋さんのこのお店、奥にズラリとギターが並ぶ、音楽スペースがあるのです。
美味しいお酒がズラリ、のエリアも含めて全部が、本当に素敵な空間です。
ビックリするほどお手頃価格な飲み物を手に、お酒エリアでのんびり聴くもよし、
かぶりつきエリアでじっくり聴くもよし。
いろんなところに工夫が凝らされていて、店主のこだわりと愛情が一杯の企画。

ヨコマク2023


ひとりだけど60曲!
いや、18日ということはもう、誕生日後だから年の数なら62曲?
節分の豆じゃあるまいし、と思いつつもやっぱり、どうせなら、などとワガママを言って結局、62曲お付き合い頂きました。

5時間の目標は達成できずに、結局、休憩を入れたら6時間弱かかってしまったのですが、終始、本当に熱心に、そして真面目に聴いて下さった皆様、たくさん準備して下さった関係者の皆さま、ホントにホントに、ありがとうございました。

演奏する方は次々と唄っているし、立ったり座ったりするし、頭もイッパイで退屈も腰痛もありませんが、、、
ジッと聴いて下さっている方々は相当にしんどい時間帯もあったのでは、と反省。

次回(?!)からはちゃんと一定時間ごとに休憩を(笑)。


遠くから足を運んで下さった方、忙しい合間を縫って顔を出して下さった方、思いを寄せて下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。



神奈川では7月に、これまた生誕記念の年の数ライブをやる予定。
こちらはゆっくり6時間プラス休憩1時間。
こちらは去年に引き続き2度目です。
やなぎさん本人も毎年やるつもりではなかったと思うので、、、ここからは私の勝手な希望による企画(笑)。
のんびりな分、拘束時間が長いので、気楽にお付き合い頂けたらと思っています。


大垣からの帰り道、前回は豊田JCTで間違えたのか、気付いたら伊勢湾岸道で京都に向かっていたという大失態。
今回はそんなこともなく、渋滞にも遭わずに順調でした。
途中、豊田上郷でこんなソフトクリームを見つけて、ついパシャリ。

しゃちほこソフト

600円は高い、と思ってしまいそうだったけれど、“しゃちほこ” と銘打ったたい焼きのようなモノ(中身はつぶあん。外側はタイじゃなくてしゃちほこの柄)1つで300円だったら、ソフトクリームと両方買うことを思えばむしろ安い?!

あんとソフトと同時に食べたら、クリームあんみつみたいで美味しいと思うのですが、形状の都合でどうしても上から食べるから、、、
横から食べたら倒れるだろうな・・・最後にあんこと皮が残るという順番だけが、ちょっとだけ残念。
寝かせてナイフとフォークで食べるしかないかも(笑)。



今週末は大阪と、岐阜は岐阜でも今度は岐阜市へお邪魔します。

楽しみな共演と、楽しみな初訪問の場所。
その翌週は関東で、これまたスペシャルな共演2本。

幸せな夏です。

お時間合えば、ぜひ。

TACOさんと2023.6

初登場 歓写堂

敦子さんと202307

豪さんと202307

どこかでお会いできますように!


やぎたこHOME
スケジュールはこちら
  1. 2023/06/21(水) 07:25:57|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月も半ば

2023.6.11~13
やぎたこHOME
スケジュールはこちら

およそ半年ぶりの亀有。
マイクを使わずに少人数で、すぐ目の前にいる人に唄いかけるスタイルは、ここならでは。
同じ目の高さに座って演奏するときにしか出てこない何か、が出てくる場所です。

つい、思い出話になってしまっても許してもらえるような気がして、いつもよりお喋りが多めになりました。
その日やりたい、と思った曲に合わせた楽器を持参して並べているものの、あとはその日のお喋り風の向きに合わせて。

マウンテンダルシマーがお店にあるのもなかなか稀有なことです。
自分の楽器とは違う音色なのも面白くて、来るたびお借りして1,2曲、弾かせてもらったり。

亀有にて0506


「日本語でなきゃ」「オリジナルでなきゃ」

場所や聴く人によって決めなければいけないような気がして、自分で自分を追い詰めるような気持ちからなかなか、逃げられずにいたのだけれど、最近、ようやく少しだけ、肩のチカラが抜けました。

昔の歌、今の歌。
英語、日本語。
誰かの歌、あの人の歌、わたしの歌。

いずれにせよ唄えるのはわたしが好きな歌だけ。

そう思えるようになったら少し、同じ迷うのでも、迷い方が自由になったような気がします。

いろんなライブが各所で行われている中、駆けつけて下さったお客様に感謝!!


道も間違えずに往復できるようになりました。
あくまでもお店との往復であって、隣の町はもう分からないのですが(笑)。



週が明けて火曜はいつもの百合ヶ丘。
各所のライブでお世話になったり、イベントでご一緒したりとしょっちゅうお会いしているジャッキーさんと。
でも実は、ゆっくり共演するのは初めてのことでした。
素敵な歌がたくさん。
懐かしい人の歌も聴けて嬉しかったです。

永吉withジャッキーさん

事前練習していったのは1曲。
彼のオリジナルは、日本語なのにどこかアメリカンフォークの匂いがするような気がして、一緒に唄っていて気持ちが良かったです。
またそのうちに再共演が実現したら、他にもご一緒できる曲があるかな?



この日、私の唄う第一部は、やぎたこがレパートリーにしていた「いつもの歌」ばかりを選びました。

「いつも」のようにできなくなってからもやっぱり、唄いたい、という気持ちを譲れない曲がいくつもあって、それらをひとつひとつ、どうにかこうにか、あーだこーだ、どーだこーだを繰り返して、、、まだまだニューバージョンが身に付いた、というところまではいかないけれど、それでもだいぶ、自分の手にレパートリーを取り戻し始めた気分でいるところです。


後半は一転して、「わたしのうた」 ばっかりを並べました。
ちょっと迷ったのだけれど、結局、いつものコンデンサを出してもらって、ワンマイクのスタイルで。

いつも嬉しく頂戴する元気なアンコールでは、フォスターの「Hardtimes come again no more」を。




やなぎさんの歌を、この日は唄いませんでした。



毎年、彼が誕生日の頃にソロで唄っていた珈琲ふうで、私が唄う機会を頂くのももう二度目。
今週末は彼の歌も唄うつもりです。

05.06.17ふう


日曜は60曲を5時間で唄うライブ。
本当はもう62歳のはずだけれど、コロナでできなかった還暦ライブのリベンジ企画なのです。
覚えていて下さって、こうして実現できるようにして下さった関係者の皆さまに感謝!


05.06.18ヨコマク



ご希望の際はぜひご一報を。
どうぞよろしくお願いいたします。



やぎたこHOME
スケジュールはこちら

  1. 2023/06/15(木) 00:15:19|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのかけこみ亭

2023.6.3
やぎたこHOME
スケジュールはこちら

6月3日は本当に久しぶりのかけこみ亭。
自身の運転で行くのは初めてです。
何年も前、やぎたこで出演していた頃はいつも、細い路地に迷い込んで、ナビの下手さを反省していた記憶があるので緊張していたのですが、今回は拍子抜けするほどあっさり到着しました!
あ~、よかった。

そうは言っても何車線もある東京都の大通りは得意ではありません。
何度もヒヤヒヤしながらの道のり。
通ったことのある道も増えて来て、なんとなく見知った場所もあるにはあるのですが、点と点が線になるにはまだしばらくかかりそうです。

さて
この日お声かけ頂いたライブは、ず~~~っと前から何年も、ソロでの出演を打診して頂いていた「語り歌の継承」。
なんと今回で79回目だそうです。凄い歴史!!
この日、配布されたこのイベントの歴史を記した資料を見ると、第一回目は 1997年12月 三浦久さんでした。
彼のアルバム 『九つの物語』 には、レコーディング時にやぎたこで関わらせてもらいました。
そんなご縁から何度かライブもご一緒しているので余計に、彼の歌が「語り歌」の名にふさわしいことにも納得。
同時に、このライブにお誘い頂けたことを改めて嬉しく思いました。

202306100820265b6.jpeg



やぎたこライブの予定が多くてなかなか実現できなかった、この由緒あるイベントへの出演が、こんな形で叶うとは思わなかったけれど・・・
私がやなぎさんと出会うよりもずっと前から、やなぎさんと音楽で繋がっていた舘野さん。
店主のぼけまるさん共々、私がやぎたこの一員になる前の私の音を知っている人でもあります。

集まってくれた大勢の方々の中には、その頃以来の再会もたくさんあって、数年ぶりのはずなのに、かけこみ亭の空間にいるとなんだかタイムスリップしたみたいに、全然そんな気がしなくて不思議でした。
でも同時に、あの頃よりも後に出会った顔ぶれも一緒に居てくれるのを見ると、あれから確実に時が流れて、お互いに変化があるんだ、ということが分かります。
信じられない気持ちもあるけれど、でも、たしかにあれから「古く」なった自分を実感させられるひとときでした。

第一部、舘野さんの最後の曲はやなぎさんのオリジナル曲 「ウィスキー」。
こんな風に唄い継がれていくのを見聞きするのは本当に嬉しいです。
でも考えてみれば舘野さんは、私よりずっと前からこの歌を知っているのでした!

第二部、私の番。
私なりに、物語歌だと思っている曲や、唄い継いでいきたい作品、そして私のオリジナルも織り交ぜて。

第三部では舘野さんとの共演も。
一緒に唄えて嬉しかったです。
次回は1曲と言わず、、、もっといろいろできるかも?


想像を超える大勢の方、中にはとっても遠くから来て下さった方もあり、ビックリ&緊張のひとときでしたが、本当に嬉しく楽しいライブになりました。
ありがとうございました!!
今度は何年も空けたりせずに、ぜひ、また。

かけこみ亭にて2023




翌週は半ばに念願叶ってこの方のライブへ。

じみへんにてシバさん2023

本当に久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです。
歌もギターも、そしてお喋りも満喫しました。
カッコ良かった!!!

何かとタイミングが合わず、行けずにいたので、ライブを聴けたのは数年ぶりでした。

なんとかまた聴きに行きたい!!と思っています。


今週末も東京。
月の後半は西へお邪魔します。

お時間合えば、ぜひ。


05.06.11KIDBOX

20230612212832463.jpeg



05.06.17ふう

05.06.18ヨコマク


どこかでお会いできますように!

つづきのスケジュールはこちら

やぎたこHOME
  1. 2023/06/10(土) 08:30:17|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0