fc2ブログ

辻井貴子ブログ・次の角を曲がったら

辻井貴子のブログ LIVE活動を中心に

4月の関西その2

2024/4/13、4/14
辻井貴子HOME
スケジュールはこちらから。

2週連続での新東名、伊勢湾岸道。
先週、あまりにも美味しかったから、、、

岡崎SA、また立ち寄ってしまいました。
今度は芋玉ではなく大学芋の載ったソフトクリーム!
芋けんぴまで差してあって、豪華なパフェでした♪

大学芋パフェ


西行きの高速道路もずいぶん慣れて、大津あたりまではナビなしでもたどり着けるようになりました。
シンプルな道のりですが、自他共に認める極端な方向オンチ、迷子の名人の私にとっては大きな進歩!

迷うことなく無事、ホテルにもたどり着きました。

この日は奈良。
ずっとお世話になっているお店、バンダメリリ―にて、中川五郎さんとの共演です。
やぎたこ時代から長く応援して下さる方の発案・企画で実現したスペシャルなジョイント。
何かとお会いする機会はあり、五郎さんの企画にやぎたこで呼んで頂いたこともありますが、ソロでご一緒するのは初めてです。

だから、二人で一緒に唄うというのも初めて。
なのに、「初めて」感のない曲がいくつもあって、自分でも驚きました。
語尾や単語など多少違う形で覚えてしまった箇所はあっても、一緒に口ずさむなら詰まることなく唄えるものがたくさん。
五郎さんの作品は、いつの間にか、本当に身体に染み込むほど聴いてきていたんだなぁ、と改めて思いました。

予想はしていたけれど、彼の声量や、長く、長~く続く息には逆立ちしても敵いません。
ずいぶんマイクから離れて調整してくれているのを横目に、私はマイクにかじりついて唄っていたけれど、
あとで録音を聞いたらそれでもだいぶ、私のボリュームの方が小さくて苦笑いでした。
いろいろな方とご一緒させて頂く機会をもらっているけれど、私ごときが何をやっても壊れようのない、体当たりしても大丈夫!な感覚で、全力の音量で唄う、なんていう体験は、五郎さんならでは。
隣で感じるパワーは客席で見るのとはまた違う凄味があって、本当にワクワクするような体験でした。


2024五郎さんとバンダにて


またどこかで再演できたら良いのだけれど・・・!!
奈良ではそれなりに好評だったような気がする「GOROTAKO」、関東で再演なるか?!
折を見て企画&お願いしてみたいと思っています。
とっても楽しい夜でした。


翌日は京都。
1年ぶりの亀楽にて、北村謙さん、そしてクリさんこと木崎豊さんとの共演です。
普段はなかなか目の当たりにすることのない謙さん&クリさんの演奏はさすが、ベテランの風格。
声も音もお喋りも、相変わらず、誰にも真似のできないほど息はピッタリ。
私も謙さん、クリさんそれぞれと、そしてライブの終盤では3人で、最後はお店の大将でベーシストでもある丸井さんにも加わって頂いて、豪華な共演をさせてもらいました。

2024クリさん謙さんと亀楽にて

思い出深い曲もご一緒できて、本当に本当に、光栄なひととき。
皆さんの撮って下さった写真はどれも満面の笑みの私ばかりで、今、自分で思い出しても笑ってしまうくらい楽しさイッパイ。

予定よりも長く時間がかかってしまって、そのあと客席の皆さんに唄って頂く時間が減ってしまったのは申し訳なかったのだけれど、それでも大好きな方の歌や、久しぶりに再会できたユニットの演奏も聞けて、終始幸せイッパイの一日だったのでした。

たくさんの素敵なイベントがあちこちで同時開催されている中、足を運んで下さった皆さん、本当にありがとうございました。
また、来年も・・・!!


神奈川へ帰宅して、火曜はいつもの百合ヶ丘へ。
無事に退院したマスターとの再会は、いつもと同じ1か月ぶりのはずなのに、もっとずっと久しぶりのような気がして、改めて「いつもの場所がいつもの通りある」ことの有難さを実感した夜でした。

この日の共演はジャッキー・イソエさん。
共演の新レパートリーは毎回順調に増えていて、そのうち1ステージ全部一緒にできる日がくるかも、、、
この日、ご一緒した新曲も素敵でした。

2024.04ジャッキーさんと永吉にて

来月の百合ヶ丘は14日、五十嵐正史とソウルブラザーズとの共演。
こちらも楽しみです。


ギリギリになってしまったけれど、今夜は東京、板橋区。
毎年、春と秋の2回、唄わせて頂いている長いお付き合いのお店。
アメリカン・フォークに詳しいお客様も多いこの場所で、何を唄おうか考え中です。
お時間の合う方、まだ間に合いますのでぜひぜひ。

ドリカフェ2024春


辻井貴子HOME
スケジュールはこちらから。



スポンサーサイト



  1. 2024/04/20(土) 10:00:47|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0

4月の関西その1、大阪

2024/4/6、4/7
辻井貴子HOME
スケジュールはこちらから。

4月の週末は大阪から。
天井が高くて音の響きの良いお店。住道(すみのどう)にあるJUDOにて。
ちょうど一年ぶりに、桃谷のマルコハウスの店主、マルコさんとの共演です。
昼下がりに合流できるように、朝、少し早めに出発しました。
だいぶ頃合いが分かってきて、事故渋滞さえ起きなければ大体、どれくらいのスピードで走ればどれくらいで到着するか予測できるようになってきました。
安心できると気も楽です。
今年はちょうど、どこも桜が満開!!
あんまりよそ見はしないように、、、でも外の風も楽しみながらの楽しいドライブ。
途中、岡崎ではこんなソフトクリームも!!

お兄さんが「お芋チップス、オマケしときました!!」
とにこやかに手渡してくれたソレは、オマケと呼ぶのは申し訳ないくらいの豪華さ。
ちょっとしょっぱい味が甘いクリームともよく合って、とっても美味しかったです。

私の手の長さでは、てっぺんまで撮影できなかった!!

お芋パフェ

ぜひまた寄って、他の種類の「お芋パフェ」も制覇したいものです。


桃谷では毎回、迷子になるのですが、、、
なんとか時間通りにたどり着き、無事に、この日の共演者、かつ、翌日の会場であるマルコハウスの店主でもあるマルコさんと合流。
「次回は何か一緒にやりましょう」という約束通り、今回は彼のオリジナル曲「鼓動」にアコーディオンとコーラスで参加させてもらいました。

「実は近所なんだ」 と意外な友人も顔を出してくれて、嬉しいひとときとなりました。

2024041015062284d.jpeg

今回は桃谷から電車で数駅のところに宿を取って、連泊。
荷物を置きっぱなしにできるので楽チンです。
桃谷でちょっぴり打上げをしてから、電車で戻りました。


翌朝、少しの電車移動の後、ひと駅手前で電車を下りて、青空の下、桃谷までお散歩しました。
どこのお家でも、町の花壇にも、花が咲き乱れていて本当に綺麗!!
桜はもちろん桃の花やチューリップ、菜の花、フリージア、、、「春」を満喫しました。

それからさらに、マルコさんがコリアンタウンを案内してくれました。
何度もお邪魔している町だけれど、ここへ来たのは初めて。
原宿の表参道を思わせるような(若い世代の)凄い人出にビックリ。
でも新鮮でした。

途中にある“タマネギ公園”では、満開の桜の下、地元の学生によるブラスバンドの演奏を聴きながら大勢がお花見がてらの宴会中。
ぐるり、と歩いて立ち寄った神社でもお祭り中、、、顔の広いマルコさんと一緒に歩いていると、そこかしこで手を振り合ったりしながらいろんな人に出会えます。
地元に住んでいる人ならではの、「みんなが顔見知り」 な温度感を、久しぶりに味わいました。
ソフトクリームもごちそうになって・・・お腹一杯!!

マルコハウスにて2024


ライブは16時から。
マイクのない距離感だとつい、いろいろなことをお喋りしたくなります。
最近できた歌も少し、板についてきたかナ・・・?

私よりも長距離のドライブを経て来てくれた方、前日に引き続き連続で来てくれた方。
そして私よりもずーっと長くこのお店に来ている常連のお客様。
やなぎさんも大好きだったその顔ぶれ、その場所で、大好きな音楽の映像を見ながらお喋りしていたら時間の経つのがあっという間でした。
日曜日なのに付き合ってくれて、ありがとう♪
やぎたこの頃とは、みんながそれぞれ、過ごしずつ状況も環境も違っているのだけれど、こうして会えて、(気付いたらたくさん)一緒にお酒を飲めて、なんだかとっても幸せでした。

次の週末は、もう一度、新東名、伊勢湾岸道、、、
奈良と京都へお邪魔します。

すごーい共演者ばっかりです。

乞うご期待!


2024春のバンダ

亀楽2024

4月13日(土)
奈良 VANDA MELILIE
w/中川五郎
奈良市大宮町2-5-27ジョイパレス1F
0742-35-2818
18:00 Open 18:30 Start
¥3,300



4月14日(日)
京都  亀楽 要予約
w/北村謙 木崎豊(クリ)
京都府京都市中京区壬生仙念町25-3
西院駅北口から徒歩1分
075-842-1556
13:00 Start 17:00まで(15時過ぎからオープンマイク)
¥2,500(お茶&お茶菓子付)


お時間合う方ぜひぜひ、ご予約下さい。

辻井貴子HOME
スケジュールはこちらから。









  1. 2024/04/12(金) 12:55:30|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0

3月ライブ・つづき、その2

2024/3/22、3/24、29、30
辻井貴子HOME
スケジュールはこちらから。

第四土曜の22日、久しぶりにヒコーキに乗りました。
行き先は宮崎県。
コロナ前は毎年お世話になっていた、国富町のほけだけというところにあるパークハウスです。
チャンとした塩を作っていたり、美味しい、本当に美味しいお豆腐を作っていたり。
まさに自然の恵みを味わえる場所。

イベントで顔は合わせていたものの、ゆっくり共演するのは初めての、つるZEE と、ソロでの共演は初めてのJ I N N さんとも会える!
朝のラッシュアワーに楽器を抱えて電車に乗る、という空港までの道のりも何のその。
使用機種の変更で1時間出発が遅れるというので、その間に空港の高級ソフトクリームも食べたりしつつ、ワクワクの往路でした。

二人とも熊本在住、古いアメリカ音楽に精通した大好きなミュージシャンです。
ギターがメインの二人とどうしても共演したくて、この日は珍しくオートハープとアコーディオンという楽器編成で向かいました。
ギターは「貸して!!」とお願いして。

やぎたこ時代のレパートリーはもちろん、J I N Nさんが活動している J I N N &K U M I のオリジナルである名曲「素敵な言葉」や、有名曲を自作の日本語で唄うつるZEEの歌にも参加させてもらって、これまでにない演奏となりました。

楽しかった!!!
「つるジンたこ」 と命名されたこのユニット、ぜひまたやりましょう~~!!
と約束しました。

私が熊本に行けばいいのかも?!
そんな日が来ることを願いつつ、久しぶりの再会を喜びつつの宴会でした。


宮崎2024


山桜はそろそろ咲き始め。
翌日は春の雨がだんだん春の嵐になり、ちょっと怖いようなお天気でしたが、ドライブは順調でした。

宮崎からぐるり、大分、佐賀。
九州の高速道路は走りやすくて好きです。
レンタカーの最新のカーナビも使いやすい!
イマドキのキーレスにはちょっと戸惑ってしまって、自身が中にいるのに防犯用の警告音を鳴り響かせるというシッパイも(笑)。
ETCカードを持って行くのを忘れて、ナビの言う通りに高速に乗ろうとしたらETC専用のスマートインター!!
インターホンで係の人に通ったことのないゲートを開けてもらって、Uターンして一般道に戻るというシッパイも!
それから、それから、、、
毎度のことながらいろんな小さなつまづきはあるものの、なんとか皆に大きく迷惑をかけることもなく、全ての目的地に到着できました。


日曜は、そのまま車で小倉まで足を伸ばしました。
バラッド協会の会合に参加するためです。
途中でスペシャルな牛乳で作られたソフトクリームも食べたりしながら、九州内の高速道路をドライブ。
少し渋滞もありましたが、幸い迷うこともなく、総じて快適でした。

開催場所は北九州市立文学館。美しいステンドグラスが印象的でした。
1974年に、世界的な建築家・磯崎新の設計で建築され、ステンドグラスも彼のデザイン。
筑後の思想家 三浦梅園の著書に描かれた図からのデザインであるとのこと。
大きくて、凄い迫力!

福岡2024


始まる前には少しだけ展示も観ることができました。
この地にゆかりの文学者たちが、時代ごとに、その経歴や作品と一緒に展示・解説・説明されていて、すごい情報量!
鴎外や林芙美子は分かるけれど、初めて見る名前もたくさんありました。
分かりやすい、短めの映像による資料が多くて面白かったのですが、とても全部を体験する時間がなく、もう少し早く来れば良かったとちょっと後悔。


バラッド協会の会合は、ここ数年はオンラインでの開催でした。
対面の集まりは本当に久しぶりです。
顔を合わせて見聞きすると、どんな情報もやはり説得力やインパクトが増すし、より身体に入ってくるような気がします。
どの発表内容もとても面白くて、いろいろ研究を重ねている人たちの発言は質疑応答も聞き応えがありました。

再会を喜んで休憩時間もワイワイお喋りをしていたらあっという間。
本当は懇親会にも参加したかったのですが、飛行機の時間に間に合うように泣く泣く会場を後にしました。

せっかく福岡だからと明太子を(自分への)お土産に買って、晩御飯も空港ならではのスペシャルたらこおにぎり!
焼いたの、辛いの、生で薄味の、と、おにぎりの部位ごとに違う明太子が入っているのです。
特大だったので1つでお腹いっぱいでした。

帰途は遅れることもなく、電車も空いていて順調な道のりでした。

会いたい人に、たくさん会えた3日間!
各所でお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。


宮崎でさえも思っていたより涼しいくらいの、ややヒンヤリした九州でしたが、神奈川に戻ったらベランダのチューリップが開いていました。

着々と、春が近づいている気がします。




3月の最終週は、上野で二度目のイサジさんとスペシャル共演!その翌日は新潟です。
私にとってはどちらも「北」への遠征。

400キロ以内ならなんとなく近所、とまでは言わなくとも、まあまあ、さほど無理なく着けるかな、、、?
という感覚なのだけれど、50キロもないはずの上野が一番、ドキドキの遠さ!!
空いていれば1時間強のはずの距離も、年度末の週末昼下がり、皇居付近を通るルートは大渋滞。
動かないわけではないけれど、散歩の老夫婦に追い越されるようなスピードでしか進めない場所が多くて、3時間以上のドライブでした。
裏道があるのでしょうけれど、私には難しい!
立体交差の多いエリアではGoogle Mapもあまり役に立たなくて、、、大都会の運転はなかなか、慣れません。

上野の櫻も種類によってはそろそろ見頃。
青空によく映えて綺麗でした。

春の上野


この日のライブはフォーク者 イサジ式 ことイサジさんと2度目の共演。
前回も感じたことですが、イサジさんがギターで入ってくれた瞬間に躍動感が加わって、曲が活き活きしてきます。
静かな曲は逆に、優しくさりげなく、深みが加わるような感じ。
ああ、本当はこういう歌だったんだ、と、自身のレパートリーなのに改めて気付かされるような気持ちになって新鮮でした。

私もそういう、足し算じゃなく掛け算になるような音を加えられたらいいのになぁ、と思いながら、イサジさんの大好きな曲にアコーディオンと歌で参加させてもらいました。
ジワッとレパートリーがさらに増えそうな手応えも。
「最後にチョコッと共演」ではなくて、「2人で唄う第三部」ができたらいいなぁ、と夢見ています。
次回は6月30日(日)。乞うご期待!!
美味しい打上げもおススメです。



翌日は新潟まで北上しました。
湯沢付近は雪景色でしたが、道路に雪はありません。
いわむろやでのライブは、やぎたこで出演した2019年の9月以来なので、もう5年ぶり以上でした。
細かな変化はあるのかもしれないけれど、他所から来る者にとっては周りの風景を始め何も変わっていないような気がして、なんだか嬉しかったです。
美味しい食堂も健在でした!
共演は光栄にもブルーグラス・セトラーズ。
初めて演奏を聴いたのはたぶん、妙高で開催されたフェスの時だったと記憶していますが、その美しい声と発音に思わず席を前に移動して聴いてしまうほどだったのを覚えています。

その後もフェスでご一緒することはあっても、ゆっくり共演できるのは初めて。
嬉しくて半ば無理矢理2曲ご一緒させてもらうことにして、打ち合わせしながら黒ラーメンを食べました。


また会いたい人コンサート


今回の企画をして下さった「たっつぁん」は、やぎたこの頃からお世話になっている、優しく、しなやかな強さのある歌を唄う人。
「また会いたい人コンサート」という素敵なネーミングの企画に呼んで頂いたのだけれど、誰よりも私にとって一番、
「また会いたい人」との再会がたくさん、叶った一日となりました。


いわむろやにて2024.03



何年ぶりかなのに、ソロになった私を覚えていて声をかけて下さるお客様も多くいて、本当に嬉しくて、幸せ!
なんて恵まれているんだろう、とつくづく実感します。

そんな大好きな仲間に囲まれて、夜も一杯、二杯、三杯、、、、
美味しいものをたくさん頂いて、たくさんお喋りして、楽しい、楽しい、久しぶりの新潟の夜でした。


お世話になった皆さま、休日に足を運んで下さった皆さま、本当にありがとうございました!!


神奈川に戻ったら、桜のつぼみがほころび始めていました。


今年ももう4分の1が過ぎただなんて信じられない気持ちですが、こうして加速度が付いてどんどん、時が流れていくのでしょう。
4月も素敵な共演がイロイロあります。
西へ行くことが多いので、もう、雪を見ることはないかな・・・

2024Judo
2024マルコ

2024春のバンダ
0604亀楽


お近くの方、ぜひぜひ。
よろしくお願いします。
どこかでお会いできますように!

スケジュールはこちらから。






  1. 2024/04/02(火) 07:10:30|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0