fc2ブログ

辻井貴子ブログ・次の角を曲がったら

辻井貴子のブログ LIVE活動を中心に

明石、久留米、+α

本当は2月にお邪魔するはずだった場所。
今回は前後の予定を考え、車は諦めて新幹線で移動しました。

新大阪で乗り継いで西明石まで。
それから1駅ローカル線に乗って、目指す駅に到着しました。
電車で行くのは初めて。駅の場所も知らなかったことに気が付きました。
GoogleMapを握りしめ、キョロキョロ、フラフラ歩いていたのですが、角を曲がったら突然に見慣れた風景!

無事に到着。
久しぶりの再会が叶いました。

遠くから足を運んで下さる方もあって、感謝、感謝の夜。
去年、リクエストを頂いた宿題にも無事、応えることができました。
良かった。
なんだかホッとしました。

明石Tree Top

内装がバージョンアップしていたり、素敵なピアノが導入されていたり、1年分の変化はあるものの、
これまで通りのメンバーが揃えば、なんだかタイムスリップしたみたい。
最後はみんなで 「Will the circle be unbroken」。
一緒に唄えるのはやっぱり楽しい!!

会いに来られて良かった。
つくづくそう思いました。




翌日は、久留米へ向かいました。
コロナ禍になる前は毎年やぎたこで、1人2つずつ楽器を携え、ヒコーキで移動・参加するのが恒例だった発心コンサート。
やなぎさんがソロの頃から出演していたイベントで、やぎたこでは(たぶん)2010年からの参加。
やぎたこの1stアルバムを九州で録音した時に、初参加だったと記憶しています。

最初は公園で開催されていましたが、今では全国総本宮の水天宮で行われています。
すぐ側を筑後川が流れていて、空が広く素晴らしいロケーションです。
この季節は七五三のお祝いをするために来ている家族連れも多くて賑やか。
私は2019年以来、3年ぶりの参加でした。

発心コンサートはじまりはじまり

私の唄った1日目は、おかげさまで快晴でした。

ステージの最前列にはこのコンサートにゆかりの、でもこれまでのように参加できなくなってしまった人たちの写真が並びます。
写真参加の人が増えるのは仕方がないことと知りつつも、できるだけゆっくりなペースであってほしいと願うばかりです。

準備万端、美しく整頓されたステージ。
さまざまなジャンルの音楽が集まるけれど、出演者のそれぞれがみんな、自分の音楽を作ることに真剣に向き合っている、ということが共通項。
そういうスピリッツがずっと変わらないままなのが伝わってきます。

水天宮にて

一人で立つステージはいつもより広く感じて、緊張は倍増だったけれど、客席に目をやればお馴染みの顔、顔、顔。
みんなが聴いてくれている、というのがプレッシャーではなく安心感に思えたのは初めてのことでした。

気取ったり、見栄を張ったりするのが通用しない場所。
そういうステージに立たせてもらえるのはとても光栄で、嬉しいことです。
勢いだけで動き回り続けているけれど「ああ、こういうことのためだったんだ」と
自分で自分に納得がいったような気持ちになりました。

日暮れの水天宮といつものお店

夜、打上げのそのさらに後の2次会は、いつもの場所へ。
もう傘寿だと言いながら変わらぬ笑顔で迎えてくれる、美人姉妹経営のお店。
健在で嬉しかった!!
このお店で一杯やるのが、唄うのとほとんど同じくらい重要な目的でした、、、無事達成!!

水天宮までお散歩

2日目はあいにくの雨模様でしたが、朝のうちは降らずに曇り空だったのをいいことに会場までお散歩。
この日は出番がないので楽器も持たず、身軽でちょうど良い運動でした。


途中から本降りになってしまった雨にもうろたえないスタッフ、そして聴衆。
みんな真剣に聴き入り、笑ったり踊ったり。
ここでは、今目の前で出ている音が最優先。

なんだかとてもカッコいい。

発心コンサート2日目



久しぶりの発心コンサートをたっぷり、満喫できた二日間でした。
関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

その夜も「かわむら食堂」へ行ってもう1泊。


翌日、ずっと会いたかった人に会いに大分に寄りました。
やぎたこよりももっと前から、やなぎさんと旧知の仲だった方々のところへ。

みどりの窓口で特急券を買って、電光掲示板でちゃんと確認したはずなのに、、、
なんと気付いたら「終点、博多~」のアナウンス。
逆方向に乗ってしまう(しかも終点に着くまで気付かない!)という、ある意味、いかにも私のやりそうな大ポカをしてしまったのだけれど、親切な駅員さんにも助けられ、無事に目的地に着きました。


変わっているはずだけど変わらない場所。
コロナで会いに来られなかったから、ずっと気になっていたのです。
ようやく挨拶ができました。

乗るはずだった路線が急な点検で2時間くらい止まっていたんだという話は、あとから再会した人に聞きました。


レンタカーで飛ばした空港までの道は、幸い迷うこともなく、予定通りの飛行機で帰宅。
なんだか大きな力にも、感謝してばかりの数日でした。
大分空港でかぼすソフトを食べ損ねたのが、ちょっと心残り。。。


また、行こう。

やぎたこHOME
スポンサーサイト



  1. 2022/10/13(木) 06:00:43|
  2. たかこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yagitako.blog66.fc2.com/tb.php/195-54535cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)