FC2ブログ

やぎブログ たこブログ

やなぎ×辻井貴子   うたうユニット やぎたこのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Do-Re-Mi やなぎ

あいかわらず、のんびりですみません
曲解説、第4弾です

「Do-Re-Mi」

大恐慌絶頂期の1930年代
グレートプレーンズ (Great Plains)
=北アメリカ大陸の中西部の農業地帯
では
ダストボウル(土地の荒廃による砂嵐)によって多くの土地で農業が崩壊
農業機械技術の進歩、連邦の農業調整法による生産の縮小などにより
農家は離農を余儀なくされたそうです

プランテーションの所有者は小作人を追い立て
彼らの仕事の機会は地元にはほとんどなく
多くの人は、出稼ぎの農場労働者として働くために
比較的栄えていたカリフォルニア州へと
ルート66を通り移住していきました

移住は非常に大規模で
オクラホマ州では15%の人口が
カリフォルニア州だけではなく
カンザス州、テキサス州、ニューメキシコ州へ移住
その数は少なくとも30万から40万人
グレートプレーンズ全体では、350万人といわれています

この様子は、スタインベックの小説「怒りの葡萄」に詳しく書かれています
またこの小説を原作にした映画「怒りの葡萄」
(ジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演)もありますので
興味のある方はぜひ、読むか、観るか、してみてください

さて、ようやくここから歌の話
Woody Guthrieによって作られたこの歌は
この1930年代、今まで生活してきた土地を離れ移住していく人たちに対して
警告しているような内容の歌詞です

Do-Re-Mi=ドレミとは、スラングで「お金」のことだそうです

 多くの人々が故郷を離れ
 砂嵐から逃げ出し、砂漠を越えて
 暑く埃だらけの道をカリフォルニアへ向かう
 でも、入管の警察は言う「あんたは今日14000人目だよ」
 カリフォルニアはまるでエデンの園さ
 だけど金(Do-Re-Mi)のない奴はきたってダメさ
 とっとと帰ったほうがいいよ


たいした英語力はないので、怪しいですが
おおよそこんな内容のことが歌われています
曲はアップテンポで、どちらかといえばコミカル
それだけに悲惨な内容に驚かされます

カバーは、Ry Cooder、Bob Dylan、John Mellencamp
Arlo Guthrie、Nanci Griffith
最近では、Ani DiFranco、などなど
たくさんのミュージシャンが取り上げています

有名なところでは、高田渡さんが「銭がなけりゃね」と
歌詞を日本に置き換えて歌っています
細かいニュアンスは日本のものでも
内容はほぼ直訳に近いものだと思うので、こちらもおすすめです

最後にもうひとつ
最初の方に書いたダストボウル(土地の荒廃による砂嵐)は
あきらかに天災ではなく人災です
これは、第一次世界大戦の後に続く生産過剰のせいで
農家は利益を得るために、農業の開拓を限界まで引き上げるしかなく
何十年にもわたる不適当な農業技術による過剰なスキ込みによって草が除去され
日照りが続くと土は乾燥して、土埃になり吹き飛ばされていきました
土埃は雲となって、はるかシカゴの空まで黒くし
さらに東の、バッファロー、ボストン、ニューヨーク、
ワシントンD.C.にまで達したそうです


曲について、間違った記述などあれば
ご指摘いただけるとありがたいです


やぎたこHOME



スポンサーサイト
  1. 2011/01/13(木) 15:57:48|
  2. やなぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

こんなメールを頂きましたので紹介します

---------------------------------------------
Great Plainsはアメリカ西部の平原の呼び名です。
ミシシッピ川流域を中央平原、その西の草原地帯をプレーリーと言います。
グレートプレーンズはさらにその西です。

オクラホマはほぼプレーリーに位置します。
ここは草原が早くから開墾されてトウモロコシや小麦などの生産地になっていま
す。
一方グレートプレーンズは半砂漠地帯で灌漑を行わなければ作物は作れません。
したがって肉牛を飼育する広大な牧場となっています。
テキサス州西部~ニューメキシコ、コロラド、ワイオミングと言ったあたりです


アメリカではアパラチアより西は「西部」です。最近は中西部と言いますが。

以上のようなことから、グレート・プレーンズの部分はプレーリーにした方が良いと思います。

もし調べた元が分かれば紹介してください。
---------------------------------------------

ご指摘の部分を赤字にしておきました
只今ツアー中で、これについて読んだ本などの紹介ができなくて申し訳ありません
ほとんどはネットでWikiからの引用だと記憶しています
記憶があいまいで、怪しいんですが
農家は収益を上げるため、農地としては使い物にならないような場所まで開拓をしていた、ということを読んだ記憶が…
いやいや、あやふやですね
家に戻ったらきちんとお返事しますね

でも、こういうご指摘は大歓迎です!
ほかにも何かあればぜひコメントを下さい
よろしくお願いします
  1. 2011/02/14(月) 08:59:59 |
  2. URL |
  3. やなぎ #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

ご指摘、ありがとうございます。
わたしもちょっと調べてみました。

帝国書院の地図帳を掘り出すと、気候分布の表で「サバナ」「砂漠」の隣に「ステップ・プレーリー:ステップは樹木のない短草草原。プレーリーは北アメリカ大陸に分布する長草草原」とありました。半砂漠土、栗色土、黒色土。

西経100度を境に、西は年雨量500ミリ以下のグレートプレーンズ、東はプレーリー、と乱暴な(でも分かりやすい)ことを書いているのは正進社の地図帳です。 100度だと、オクラホマは左の細いところがひっかかる感じでしょうか。

ブリタニカの百科事典によると、「北アメリカ大陸の中部から西部に広がる温帯草原。年降水量は250~800ミリ、とあります。地域により「真正プレーリー」とか「混合プレーリー」とかいろいろある様子。

一方、同じくブリタニカで「グレートプレーンズ」を調べると、「北アメリカ中西部を占める大平原の呼称」とあります。「カナダからメキシコ国境まで及び、その面積約290万k㎡。年降水量は500ミリ程度で大部分が短草原」と。

要は気候と、それによってできる植生や土で分けているということなのか・・・だとすると、広すぎてクッキリ線を引くのは難しそうです。

今回の「ドレミ」に関しては、北アメリカの、あの辺りの話だよ、ということが伝えたかったわけですが、こういう呼称や区分の定義、というのも、突っ込むと奥が深くて面白いですねぇ。

グレートプレーンズも、今でこそセンターピボット農場!なんて写真がヒットしますが、当時はどうだったのでしょう・・・
何か参考になりそうな良い文献など、ご存知の方がいらしたら、是非教えてください!

映画「怒りの葡萄」に登場する風景も、草木の高さに注目して見直してみようと思っております。

  1. 2011/02/14(月) 23:25:20 |
  2. URL |
  3. たかこ #OsyB1DXc
  4. [ 編集 ]

指摘した本人です

こちらも調べてみました。

アメリカの平原名としてのグレートプレーンズは、上にもあるようにほぼ西経100度より西の地域で、
気候上はステップに分類される半乾燥地域です。

アメリカはロッキー山脈まではほぼ西にいくほど降水量が少なくなっていて、例えば有名なグランドキャニオンは砂漠です。

1930年代のダストボウルは、調べてみるとこのグレートプレーンズで発生していますね。
テキサス州スタートフォードという地名が見えますが、ここはほぼグレートプレーンズの中央部です。

そしてオクラホマの西に突き出した細い部分のすぐ南に当たります。

ウディ・ガスリーが当時住んでいたテキサス州のパンパはそのすぐ東に当たりますので、ダストボウルの被害がかなりひどかっただろうと予想されます。

ダストボウルはネットで調べた限りですと、グレートプレーンズで発生し、東に襲いかかったわけで、
オクラホマ~アーカンソーののプレーリー西端の農業地帯あたりの被害はおそらく特にひどかったでしょう。

グレートプレーンズは適切な灌漑を施さない限り農地として適しませんので、通常は牛の放牧地として使用されます。

かつてはバッファローの生息地であり、先住民の土地。今でも乾燥の強いあたりに先住民の居留地が残っています。

このグレートプレーンズと東側のプレーリーの接するあたりは、土壌は決して悪くないので、開墾されて畑地化されていますが、
常に旱魃の危機を背負っていると言えます。農地としてはあまり適当ではない。

しかもグレートプレーンズ~プレーリーは土地が東に傾斜しているため、適切な等高線耕作を行わないと、
降水によって畑の表土が流出する土壌侵食が起こりやすいのです。
これは今風に言うと砂漠化といえます。

ダストボウルはこの不適切な開墾によって土壌が砂漠化した中で発生したと想像されますので、
やなぎさんの書いた原文が間違っているわけではありませんね。

ただ、アメリカの地理に詳しいものからすると、オクラホマはカンザスなどとともに、代表的なプレーリーにある州というイメージがあるので、
ちょっと疑問を感じたわけです。
  1. 2011/02/15(火) 04:45:25 |
  2. URL |
  3. スカンクちかの #-
  4. [ 編集 ]

なるほど

コメントを読んでいくと、元の文章はちょっと曖昧だという事が分かってきますねぇ
ブログを書き直してしまうと、逆にコメントの意味が分からなくなってしまうので、この記事はこのまま残しておきます
全曲分解説が出来上がったら、まとめて新たにページを作るつもりなので、その次点でコメントを参考に文章を修正する事にします
Do-Re-Miのような曲は、時代背景や当時の生活、環境などがわかると聴き方が違ってくるので、なるべくつっこんで書ければと思います
ご指摘ありがとうございました
  1. 2011/02/15(火) 08:44:58 |
  2. URL |
  3. やなぎ #-
  4. [ 編集 ]

ディランがライクーダーとヴァン・ダイク・パークスをバックに演奏している動画について調べていてたどりつきました。
北米におけるダストボウルについては「土の文明史」
http://www.amazon.co.jp/dp/4806713996
という本が参考になると思いますよ。
  1. 2014/05/01(木) 00:22:16 |
  2. URL |
  3. ao #PZsAjsdQ
  4. [ 編集 ]

aoさん>コメントありがとうございます
早速注文しました
到着が楽しみです
  1. 2014/05/01(木) 07:15:28 |
  2. URL |
  3. やなぎ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yagitako.blog66.fc2.com/tb.php/62-472d4a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。