やぎブログ たこブログ

やなぎ×辻井貴子   うたうユニット やぎたこのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Down to the River to Pray やなぎ

ずいぶん間があいてしまいましたが
曲解説、第5弾です

「Down to the River to Pray」

映画「オーブラザー!」の中で
白装束の人たちが川に全身を浸けて洗礼をするシーンがありましたが
あれは、キリスト教プロテスタントの一教派、バプティスト派の洗礼で
バプテスマ=全浸礼、全身を水に沈めるやり方だそうです
その時に流れる曲がAlison Kraussの歌う「Down to the River to Pray」です
映画の中でも特に印象的なシーンで
Alison Kraussのソロからやがて合唱になっていくアレンジもキレイです

やぎたこも、録音の時には歌を重ねて3パート4声にしましたが
ライブだと歌うのは二人きり
ハーモニーに変化をつけながら結構苦労して歌っています

ところで、この曲をYouTubeで検索すると
意外と歌っている人が少ないので不思議に思ったんですが
Riverと歌われているのは結構最近のことらしいと分かってきました

もともとは「Down in the valley to pray」というタイトルで
奴隷としてアメリカに連れてこられた黒人の間で歌われた黒人霊歌のようです
それがいつしか(ここらへんがあいまいですが)
アパラチア地方に伝わり
教会のキャンプなどで歌われるようになり
広まっていったようです
「Down in the valley to pray」と歌っているのは
分かったところでは、Doc Watson、Earl Scruggs、Arlo Guthrieなど

いろいろと調べてはみたんですが
この曲については、このぐらいの事しか分かりませんでした
もし何か知ってるという方は、ぜひコメントをお願いします

最後に映画のことも少し

オー・ブラザー!(O BROTHER, WHERE ART THOU?)
2000年(アメリカ)
監督/ジョエル・コーエン
製作/イーサン・コーエン
脚本/イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
撮影/ロジャー・ディーキンス
音楽/T=ボーン・バーネット
出演/ジョージ・クルーニー、ジョン・タートゥーロ、ティム・ブレイク・ネルソン
第58回ゴールデン・グローブ男優賞:コメディ/ミュージカル(ジョージ・クルーニー)
ラスベガス映画批評家協会最優秀撮影賞

音楽はあのT=ボーン・バーネット!!!
グラミー賞2002 最優秀アルバム賞もとっています


曲について、間違った記述などあれば
ご指摘いただけるとありがたいです

やぎたこHOME



スポンサーサイト
  1. 2011/06/29(水) 01:48:45|
  2. やなぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

全身浸礼

はじめまして。映画『オーブラザー!』のなかでとても気になっていたシーンでした。とても参考になりました。ブログ掲載に感謝です。
  1. 2013/01/07(月) 13:12:11 |
  2. URL |
  3. ETCマンツーマン英会話 #-
  4. [ 編集 ]

書き込みありがとうございます
そちらのブログも読ませていただきました
映画を使っての解説(とくに南部なまりなど)
ためになりました
ありがとうございます
  1. 2013/01/08(火) 01:10:58 |
  2. URL |
  3. やなぎ #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

オーブラザーズ

やなぎさん、お返事ありがとうございます。
ブログを読んでくださってありがとうございます。
南部アメリカ英語というテーマで映画を観てみたのですが、思った以上に名作が多く、大きな収穫でした。
オーブラザーズ、全身浸礼のシーンの前にも、南部アメリカの特徴てきな表現が使われているようです。リンクしました。
  1. 2013/01/08(火) 23:02:13 |
  2. URL |
  3. ETCマンツーマン英会話 #hfCY9RgE
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yagitako.blog66.fc2.com/tb.php/74-91636cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。